知って安心!家の取り壊しにかかる費用とは

知って安心!家の取り壊しにかかる費用とは

両親から老朽化した実家を相続した場合、建て替えて暮らす、土地を売却、駐車場など別の方法で活用、など様々な選択肢が考えられます。リフォームやリノベーションをして住み続ける以外、「家の取り壊し」が必要になりますが、多くの方が気になるのが「取り壊し費用っていくらかかるの?」ではないでしょうか。

そこで、坪単価など基本的な情報から、家の取り壊しにかかるであろう費用や少しでも安く抑えるポイント・注意点等についてご紹介していきましょう。



取り壊し費用の坪単価・相場とは

家の取り壊し費用は「坪単価で○○円」という表現が使われます。それがいわゆる「取り壊し費用の相場」です。具体的に数字を挙げてみましょう。

例1 東京都(一坪あたりの費用目安)
木造の取り壊し費用平均 3.5万円
鉄骨造の取り壊し費用平均 4.0万円
RCの取り壊し費用平均 4.5万円

例2 大阪府(一坪あたりの費用目安)
木造の取り壊し費用平均 3.0万円
鉄骨造の取り壊し費用平均 4.0万円
RCの取り壊し費用平均 4.5万円

例3 沖縄県(一坪あたりの費用目安)
木造の取り壊し費用平均 2.0万円
鉄骨造の取り壊し費用平均 2.0万円
RCの取り壊し費用平均 2.5万円

上記の費用はあくまで目安であり、単純に坪単価×延床面積=取り壊し費用の総額にはなりません。では、取り壊し費用はどのように決まるのか、どのような場合にプラス費用が発生するのか、紐解いていきます。

取り壊し費用の計算方法・内訳は?

建物の構造
費用目安で挙げた通り、木造・鉄骨・RCと建物の構造で費用が異なります。一般的に木造家屋は取り壊しやすく工事期間は平均7日間と短いので安くなり、鉄骨やRCの場合はより頑丈な造りですので工事期間が長くなり、必然的に費用も上がります。

場所
市区町村によって相場に違いがあります。例で挙げた東京都と沖縄県で比べてみると、東京都の方が1.5万円~2.0万円高くなります。一般的に都市部の方が費用が高いと言われていますが、それだけではなく、隣接する家の有無や重機が使えるかどうか等も費用に影響します。

近隣住宅との距離
取り壊しをする際、粉塵の飛散を防いだり防音対策のために家を覆う「養生シート」の存在は欠かせません。お隣の家との距離が近い・人通りが多い場所の場合は近隣トラブルを避けるために特に重要。住宅密集地の場合はより騒音対策が必要ですので、費用が高くなります。

作業員の人数
人件費は大きな割合になります。作業員の人数×工事日数=人件費となるわけですから、何人で工事にあたるのか把握しておく必要があるでしょう。重機が入れないような狭い場所の場合は手作業になりますので、その分作業人員も必要で人件費がアップします。

廃棄物の量
木くず・瓦礫(がれき)など、家を取り壊すと多くの産業廃棄物が出ます。廃棄物処理費用は地域によって異なりますが、廃棄物の処理は意外と高額になってしまうもの。特に、大きな家具などの処理も取り壊し業者に依頼してしまうと、費用にびっくり・・ということもあるかもしれません。

地中埋設物の有無
家を取り壊してみたら、土中にコンクリートやゴミが埋まっていたということも。地中埋設物の撤去も費用がかかりますが、新しく家を建て替える場合障害になりますので、土中のゴミはそのままにしておかない方がよいでしょう。

家屋以外の取り壊し
家屋以外に取り壊しが必要なものとして、樹木・庭石・ブロック塀・門扉等が挙げられます。問合せや相談の段階で業者側から確認があるかもしれませんが、事前に伝えておくと見積りをお願いする時もスムーズです。

プラス料金を抑えるには

家屋の取り壊しで発生する費用について挙げてみましたが、無駄なプラス費用は出来る限り避けたいですよね。
そこで、費用を抑えるために出来ることをいくつかご紹介いたします。

取り壊し工事業者に直接依頼

家を建て替える場合、住宅施工業者に取り壊しもまとめてお願いする方が多いかもしれませんが、実際のところ住宅施工業者が取り壊すわけではありません。別の取り壊し工事業者が担当することがほとんどですから、蓋を開けたら高い手数料がかかっていたということも。手数料=中間マージンのカットで十数万円得することもありますし、直接依頼はメリットだらけです。

事前に不要品の処理をしておく

ベッドやタンスなど大型の家具は粗大ゴミ扱いになるので処理が面倒に感じる方も多いでしょう。しかし、不用品を買い取ってくれるリサイクルショップは沢山あります。
使わない物が少しでもお金になったら嬉しいですよね。取り壊し業者に処理をお願いすると、「産業廃棄物」扱いになり、その分費用がかかりますので、不用品は出来る限り自分で処理しておくことをお薦めします。

遺品整理も必要

不要品処理に関わることですが、家の持ち主が亡くなり相続した場合、大量の荷物がそのままで「どうやって片付ければよいのだろう」と途方に暮れてしまうこともあるでしょう。私も経験がありますが、想いや思い出の詰まった遺品の整理は思った以上に大変なものです。取り壊し業者の中には遺品の整理を依頼できる会社もありますが、当然費用がかかります。可能ならば親族一同に協力を仰ぎ、遺品の整理もしておきたいですね。

助成(補助)制度があるか確認

各市区町村には様々な助成(補助)制度があります。例えば墨田区では、老朽建築物の除却工事を行った場合、木造家屋で上限210万円・木造以外で上限600万円補助する制度や、不燃建築物に建て替えた場合1棟あたり210万円を補助する制度があります。

一定の条件を満たし助成(補助)制度の対象になった場合大きなサポートになりますので、取り壊す家がある市区町村にはどのような制度があるかチェックしましょう。
下記の記事もぜひ参考にしてみてください。

解体工事から耐震改修にも使える!墨田区の充実助成制度

2017.07.27

見積り依頼をする上での注意点

家の取り壊しを決め、いよいよ見積りをお願いする段階になったら注意すべきポイントがあります。

数社に見積り依頼

初めから1社に絞る必要はありません。複数の業者に依頼し、費用や対応などしっかり吟味することが大切です。費用は安いけど対応がいまいちで心配、他社より高いけど丁寧でしっかりした対応に安心できる、など色々なところが見えてくると思います。

費用は勿論大事ですが、信頼できる会社かどうかも本当に重要です。可能ならば取り壊す家を立ち会いで見てもらった上で見積りを出してもらいましょう。複数に見積り依頼をすることで、より満足度の高い結果に繋がります。

疑問点・不安なところは事前にクリア

人生でそう何度もないことですから、わからないことだらけで不安な方も多いですよね。疑問点や不安なところはそのままにせず、工事が始まる前にクリアにしましょう。どんな些細なことでも確認や相談をすることが大事です。質問に対する返答で、安心できる業者かどうか、工事に対する姿勢もわかるはずです。

見積書は書面で

見積書は必ず書面で受け取るようにしましょう。というのも、立ち会った際に口頭で費用を提示する業者もいるからです。後で「話と違う、聞いてない」など大きな問題にならないために証拠になる資料が必要なのです。出来る限り内訳が細かく記載されているものを作ってもらうことが大切です。

(見積書サンプル)

Unable to display PDF
Click here to download

まとめ

いかがでしたでしょうか。一生に一度あるかどうかの「家の取り壊し」。だからこそ後悔したくないですよね。最後に「お願いして良かった!」と思えるよう、家の取り壊しにはどのくらいの費用がかかるのか、家具の処分など事前にできることはあるのか等しっかり調べ、助成(補助)制度など使えるものは上手に活用しましょう!

知って安心!家の取り壊しにかかる費用とは .


Source: 内装解体新着情報